TEAM NACSらが大切な人を思いながら歌う!「ともに生きよう」がYouTubeで公開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真からなる札幌演劇ユニット「TEAM NACS」。
彼らが所属する芸能事務所・クリエイティブオフィスキューは、
2年に1度「『CUE DREAMJAM-BOREE』(キュードリームジャンボリー)」という
イベントを開催しています。

所属タレント・アーティスト全員が出演する、歌あり・涙あり・笑いありのイベント。
今年が開催年で、9月25・26・27日の予定でした。
CUEファンは、この2年に1度のイベントのために、日々を必死に生きています。

すべては推しに会うため。
どんなに仕事で辛いことがあっても、この日があるから頑張れる。
そう思って皆、2年を過ごすわけですが・・・

 

延期が発表されました(´;ω;`)

 

この状況の中どうなるのか不安でしたが、やはりこのような結果になってしまいました。
CUEファンにとってはとてもつらいことですが・・・命には代えられません。

元気で生きていれば、いつか会える。
「中止」ではなく「延期」なのだから、前向きに・・・

そう必死に切り替えようとしていたその時、クリエイティブオフィスキューから
ある発表がありました。
それは、YouTubeの公式チャンネルでの

所属アーティストがリモートでレコーディングと動画制作を行った楽曲
「ともに生きよう」の公開。

作詞・作曲はTEAM NACSリーダーの森崎博之さん。
森崎さんはこのイベントのために制作していた1曲を
「皆さんに聴いてほしい。いつかこの歌をみんなで歌える日が来るように」との思いから、
リモート収録を行うこと決め、スタッフとリモートで打ち合わせをし、
何とか完成・公開に至りました。

▼森崎博之さんからのコメント▼
https://www.office-cue.com/view.php?id=954&c=info&rtp=mv01

「大事な人と再び、同じ時間、空間を共有し、笑い合いたい。
生きてさえいれば、いつの日かそんな素敵な瞬間は必ず来る。
力強く、ともに生きていこう」

そんな想いが込められ、前を向いて生きていこうと励ましてくれるような曲となっています。
ジャンボリーが中止になって、辛いのは自分たちも同じ。
皆に会いたい、いつか会えるその日まで頑張ろうと言った、
オフィスキュー全員の、ファンを大切にする思いが伝わってきます。
でも、「今はこんなつらい状況だけど、みんなで頑張ろう」という元気がもらえる曲でもあるので、
ファンじゃない方でも、きっと力をもらえると思います。

 

大泉洋さんの歌の上手さに驚く方も多いかも?(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る