北海道のメロン【豆知識】夕張メロンが鮮魚並みとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

五月の末から少しずつ店頭にもメロンが並ぶようになりましたね。

北海道産のメロンと言えば、代表的なのはやはり、

キング系メロンの王様とも言える

夕張メロンですね!!

果肉は綺麗な濃いオレンジ色で、これぞメロンっ!!と言わんばかり。

柔らかくジューシーで、風味がよく、味のバランスが良いメロンです。

しかし、このキング系メロンは日持ちしないのが弱点でもあります。

収穫したあと3~4日程で熟成してしまい、果肉が柔らかいので、時間がたつにつれて中身がとろとろになってしまいます。

まるで鮮魚並みの繊細さ!!

それが故に希少価値も高いのかもしれませんね。

夕張メロンの旬は6月から7月で、特に6月がとっても美味しいんですよ〜!

しかし、今年はコロナの影響でメロン農家さんも困っている様子。

先日行われた、夕張メロンの初競りでは昨年の40分の1の値段にしかならなかったとか…。

今ならお買い得の夕張メロン、この機会にたくさんの人に食べてもらいたいですね!

 

他にも赤肉系といえば、ルピアレッドという品種が有名です。

見た目はキング系と似ていますが、キング系よりも日持ちがしやすく、糖度は夕張メロンよりも高くなる傾向があるんです!

ネット系メロンで、皮は薄く肉厚。

熟成をほどほどにすると、果肉がぎゅっと詰まった歯触りをたのしめますが、しっかり熟すと、柔らかくてとてもジューシー。

旬は6月中旬から8月下旬です。

北海道産のものはツルありで、茨城県産のものはツルなしで出荷されることが多いんですよ!

 

メロンといえば赤肉?

いやいや、青肉もあなどれません。

赤肉メロンの独特な芳香や甘さが苦手な方は、すっきりとした味わいと上品な甘さの青肉を好まれます。

富良野のキングメルティ

と呼ばれる品種は香りが良く、糖度も14%以上と濃厚な甘さで、きめ細かな食感が特徴のメロン。

メルティというのはツルっとした喉ごしや舌触りを表現した名前なんですよ。

青肉は赤肉にくらべてあまり人気がないと言われていますが、このキングメルティを絶賛する声は多いです。

しかしこのキングメルティ、育てるのが難しい上に日持ちもしないので、生産している農家さんも少ない、レアメロンなんだそうですよ〜!

細かい網目が特徴のキングメルティ、旬は6月中旬から10月まで

 

メロン豆知識

あの網目はなんなのかしら?

メロンの網目は、皮よりも果肉が早く成長するため、ひび割れた皮から果汁が出て固まり、コルク化したものなんですって!

美味しいメロンの見分け方は?

  • 網目が均等に大きくなっている
  • 色付きが均等
  • 重みがある

この3つをチエックすると、美味しいメロンに出会えるかも♡

メロンの食べ頃はどうやって見分けるの?

ツルがしなびて、底を押したら少し柔らかく、メロンの香りがしてきたら食べ頃だそうですよ!

常温で追熟したあと、食べる前に数時間冷やすのが美味しく食べるコツです。

メロンのルーツ、知ってる?

種類を問わず、メロンの原産地はインドなんですって!!

なんだか、イメージと違いますよね。

アンデスメロンの名前の由来がダジャレ!?

アンデスメロンは、サカタのタネが開発したメロン。

メロンがうどんこ病にやられて全然育たなかった頃、安全に育つように改良したのが『安全です』⇒【アンデス】メロン、なんデス。

 

最後がダジャレで終わってしまいましたが、スーパーなどでメロンを見かけたら、ぜひこの豆知識で盛り上がってみてくださいね!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る