【航空券を購入する時のギモン】新千歳空港はどうして札幌と表記されるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

数年前、新千歳空港との往復チケットを買うため、航空会社のHPへ行って検索をした時のこと。
新千歳空港は「札幌(新千歳)」と表記されていました。
「新千歳空港は札幌にあるわけじゃないのに、どうしてそんな表記なんだろう?」と
疑問に思いました。

どうして新千歳空港発/着が「札幌」と表記されているのでしょうか?

空港には、空港一つひとつに割り振られたコードがある

・空港固有の空港コード

これには、IATA(国際航空運送協会)により割り当てられた3文字のコードと、
ICAO(国際民間航空機関)により割り当てられた英数4文字のコードがあります。
主要な空港はどちらのコードも持っており、世界中の空港につけられています。

・都市コード

国際航空運賃計算などで用いられるコードのこと。
基本的には空港コードと同じですが、同じ都市内に複数の空港がある場合は、
空港コードとは別に、この都市コードが定められています。

北海道内でいくつか例をあげてみましょう。
例:新千歳、丘珠、函館、旭川

函館と旭川は、都市コードも空港コードも同じです。
函館はHKD、旭川はAKJ。
ところが、新千歳と丘珠は異なります。

・新千歳空港

都市コードは「SPK」
空港コードは「CTS」

・丘珠空港

都市コードは「SPK」
空港コードは「OKD」

丘珠空港は札幌市にありますが、新千歳空港は千歳市にあります。
「同じ都市内に複数の空港がある」わけではないのに、
なぜか同じ都市にある空港という扱いをします。
そのため、「札幌(新千歳)」といった表記をしているのです。

これらは同じ都市にある空港という扱いになることから、基本運賃も同じに設定されています。

また、これと同じことが言えるのが、羽田空港と成田空港です。

・羽田空港

都市コードは「TYO」
空港コードは「HND」

・成田空港

都市コードは「TYO」
空港コードは「NRT」

羽田空港は東京都、成田空港は千葉市にありますが、
「東京(羽田)」「東京(成田)」という表記にしています。

他にも大阪(伊丹or関西)なんかもそうですね。

余談ですが、札幌(千歳)と表記する航空会社もありますが、
新千歳空港と同じ空港です。
千歳空港とは、現在の航空自衛隊千歳基地のことです。

 

新千歳空港が開港するまでは、民間機と自衛隊機の共用飛行場として使われていたため、
その名残として言われることが今もあるようです。

結構道外の方は、「千歳に空港が2個あるのかな?」と思う方もいるようですが、
札幌市にある空港は、新千歳空港と丘珠空港というところの2つだけと覚えておけば
混乱しなくて済みますよ!

今はなかなか難しい状況ですが、ぜひ北海道へ来られる際は、
気にして見てくださいね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る