あの作品の場所はドコ?北海道を聖地としたアニメ作品3選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アニメや映画などで舞台となった場所は、
その後「聖地巡礼」として訪れる人が増え、
経済効果もかなりあると言われています。
北海道ももちろん例外ではなく、
北海道が舞台になった作品は数多くあります!
今回は「アニメ」で、その聖地と
その場所の名所や名産をご紹介したいと思います!

 

①銀の匙 silver spoon/帯広市

北海道の農業高校に通う八軒勇吾を始めとする
生徒たちが、農業や酪農を通じて命の大切さを学び、
人として成長していく物語です。

舞台となったのは、帯広市。
帯広駅や帯広競馬場など、帯広市内のランドマークが多数登場します。



広大な土地だからこそ
家畜のおかげで生活できている・恵まれているんだと実感できます。

帯広の名物はもちろん…
豚丼です。



温かいご飯に、醤油ベースの甘辛いタレをつけて
豚肉をのせた、帯広市民に長く愛される郷土料理です。
ぜひ帯広に行った際には押さえておきたいところ。

②思い出のマーニー/釧路市

夏休みの間、里親の親戚の家で暮らすことになった
内気な少女・杏奈と、金髪の少女・マーニーとの不思議な物語。

原作はイギリスが舞台ですが、映画では
釧路市に置き換えられています。
作品内では、具体的に地名を言う台詞はないものの、
湿地や港町、駅などで「ここは釧路だな」とか、
「あ、北海道だな」と思わせる風景が登場します。

北海道といえば、広大で緑あふれる大地、
雄大な自然などジブリの世界観にぴったりですが、
意外にもジブリ作品で北海道が舞台になるのはこれが初。
釧路だけでなく、厚岸や根室などへもロケハンに行ったそうです。

釧路市といえば…

釧路は湿地で有名ですが、そこは外して幣舞橋をご紹介。
幣舞橋は、札幌の豊平橋、旭川市の旭橋とあわせて
北海道三大名橋と言われています。
特に、幣舞橋から見る夕日は、インドネシアのバリ、
フィリピンのマニラと並んで「世界三大夕日」と呼ばれるぐらい、独創的で綺麗なんです。

 

③最終兵器彼女/小樽市

北海道のとある街で、巨大な武器と化した腕と
鋼鉄の翼を以て、正体不明の敵に立ち向かう
「最終兵器」となったちせと、
普通の高校生・シュウジの物語。

ちせたちが通う高校のモデルになった「小樽商業高校」、
その高校の前にある「地獄坂」。
ちせとシュウジの大切な場所である「旭展望台」や「おたる水族館」。
登場シーンのほとんどが小樽市内となっています。

小樽といえば・・・

運河ではなく、あえて旭展望台をご紹介。
写真は、旭展望台から見た日の出です。
幻想的で綺麗ですね・・・

アニメの聖地巡りの魅力は、やはり
「2次元であるアニメで描かれた場所に、自分がいること」ですよね。
同じアングルで写真を撮ったり、シーンを再現したりするのが楽しいんです。
知らない人からすると、変人に見えるかもしれませんが(笑)
実際に見ることで、「意外にこの道狭いんだな」とか、
行ったからこそ発見できるっていうところも嬉しいポイントです。

次はドラマや映画で舞台となった場所をご紹介しますね♪・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る