【北海道のエンタメ界を支援しよう!】サポーターには大黒摩季、GLAY、サカナクションら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020年、新型コロナウイルスの影響で、
全世界的にエンタメ業界は大打撃を受けています。
これから先、コロナが収束したとしても、
国が掲げる「新しい生活様式」を取り入れながら、
新たなエンタテインメントの形を作っていく必要があります。

コロナが落ち着いても、その先はいばらの道であろう
北海道のエンタメ界を守り、事業者を存続させるための支援活動を行うため、
北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会が立ち上げたのが
「北海道STAGE AID」というプロジェクトです。

 

▼北海道STAGE AID▼
http://stage-aid.jp/

 

「地域に根ざしたライブエンタテインメントの火を消さないこと」を
目標に掲げ、感染予防ガイドラインの策定や「新しい生活様式」の
検討を行い、ライブやフェスなどの再開を目指します。

サポーターには、北海道にゆかりのある表現者たちが集結!

・五十嵐浩晃(美唄市生まれ/シンガーソングライター)
・大黒摩季(札幌市南区出身/シンガーソングライター)
・GLAY(函館市出身/ロックバンド)
・サカナクション(札幌市出身/ロックバンド)
・鈴井貴之(赤平市出身/俳優・タレント・映画監督・放送作家)
・TEAM NACS(北海道出身/演劇ユニット)
・タカアンドトシ(北海道出身/お笑い芸人)
・DAISHI DANCE(札幌市出身/ミュージシャン、DJ、リミキサー)
・初音ミク(バーチャルアイドル)
・ヤマザキマリ(東京都生まれ・千歳市出身/漫画家)

※敬称略

 

今後の活動としては、
北海道のふるさと納税を活用した支援策の検討、
クラウドファンディングプロジェクト
「LIVE HOUSE AID IN HOKKAIDO」の
実施を予定。

クラウドファンディングは6月15日に
クラウドファンディングサイト「ACT NOW」でスタートします。

 

▼ACT NOW▼
https://actnow.jp/

 

目標金額は3000万円。
リターンにはTシャツやサンクスメールが用意されています!

3000万円とは、なかなかな額だと思いますが、
サポーターの豪華さ、そして返礼品もやるのであれば、
行けそうな気がします。
北海道のエンタメ界を救おうという本気が見えますね。

 

私はもう、音楽・演劇・映画などエンタメがない生活なんて
考えられません。
今回のコロナに限らず、災害の時だって、自分が辛いときは
いつも音楽やエンタメの力に励まされました。
それはきっと、私だけじゃないはず。
いつもは力をもらってばかりでしたが、
これからは私たちの番です。
これまでの感謝を込めて、皆でエンタメ界の
あの賑わいを取り戻していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る