秋元札幌市長、新型コロナウイルスについて危機感を露わに

札幌市の秋元市長が5日の会見で新型コロナウイルスへの危機感を露わにしました

札幌市は4日には新型コロナウイルス感染者29人を確認するなど極めて深刻な状況です。

札幌市は5月5日新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、秋元市長が感染対策の強化などを指示しました。

会議後、秋元市長は会見を開き、東京都と札幌市の人口10万人あたりの感染者の推移を示す図表を使いながら、今現在の札幌市はピーク時の東京に近い状況であることを解説しました。

会議で秋元市長は「札幌では大規模クラスターや経路不明の増加など、全国でただひとつと言っていいほど感染拡大が続いている。

病院での集団感染も相次いでおり、このままでは医療体制が性能不全に陥る恐れもある」と現状について強い危機感を露わにしました。

 

秋元市長は「この一週間が正念場」としたうえで、以下の対策を発表しました。

・連休終了後も、少なくとも5月15日までは外出を控えて

・やむを得ず外出する場合は、”3密”を避けソーシャルディスタンスを心がけて

・市立の幼稚園、小中高校は、5月31日まで休校を延長

・市の公共施設(図書館・動物園など)についても5月31日まで休館

・政府が求める出勤者の7割削減について市内の事業者に協力を要請

 

・ひろびろと!=オンライン会議、テレワーク、オフィス内のソーシャルディスタンスの徹底

・ゆったりと!=時差出勤、ローテーション勤務

・てきぱきと!=時短勤務、会議時間の短縮

 

札幌市のコロナウイルス感染拡大の状況が深刻です。

秋元札幌市長の手腕が問われるときではないでしょうか。

 

皆様もコロナウイルス感染防止のための取り組みにより一日も早くコロナウイルス騒動終息に努めていきましょう。

これは他人事ではなくて、皆さん一人一人の当事者意識が大切なのではないかなぁと編集長は思います。

 

どうか、皆さんStay at homeで過ごしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る