【コロナうつ】心が疲れていると感じてはいませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新型コロナウイルスの影響で、自粛が続いていたころから話題になっていた「コロナうつ」
自粛解除から数週間がたった今、再び注目されはじめているのをご存じですか?

長い自粛生活で心も体も疲れ、弱っているところで、今度は日常生活を取り戻すために奮闘しなくてはいけない。
しかし、外の世界は未だコロナウイルス感染の危険や、経済の不安が残されたまま。

withコロナ(コロナと共存していくための、新しい生活様式)にも慣れていかなくてはなりません。
そんな中、体や心の不調を訴える人も少なくはないようです。

こんな症状で悩んではいませんか?
  • コロナのニュースを見ると気分が落ち込むのに、見ずにはいられない。
  • 感染するのではと不安で、必要以上に除菌や手洗いなどに神経を使ってしまう。
  • 休んでも疲れが取れない。
  • なかなか眠れない。または、熟睡することができない。
  • 食欲が低下、もしくは増加している。
  • 何もやる気が起きない。
  • 無性にイライラしてしまう。
  • 人といることに疲れる、もしくは1人でいることが不安。
  • ぼんやりしていて、注意力が散漫になる。
  • 不安感が強く、気分が安定しない。

あまりにも症状が酷い場合や、複数に当てはまる場合は少し注意が必要ですが、あまり深刻になりすぎるのもよくありません。

自分の気持ちが楽になれる、心地よいと思えるようなことを少しずつ、できるところから始めてみましょう。

試してみて欲しい、心が元気になるヒント。
  • 自分の好きな音楽を聴く。
  • 気を使わなくてい人と会話する。
  • 映画・漫画・本など、没頭できて楽しくなれるものを見る。
  • 身体にいいもの、やさしい食べものを食べる。
  • 太陽の光を浴びる(朝起きてすぐがおすすめ!)
  • 程よい運動をする。
  • 生活のリズムを整える。
  • 明るい色を身につける。

人と話したり、面白いテレビを見たり、音楽を聴いたりすることは、つい沈みがちな気分を引き上げるのに効果的ですよね。でも、何をしても楽しいと思えないときもあると思います。

そんな時、大切なのは体の調子を整えること。
心と体は繋がっていていて、どちらかが不調だともう片方にも影響が出やすくなりますが、その逆もまたしかり。
特に食事は体を作る基本です。

とはいえ、食欲がない時に、無理してたくさん食べる必要はありません。少なくてもいいので、自分の体と心が満たされるものを選んでみてください。
何が食べたいかわからないときは、なるべく人の手で作られた心のこもった食べ物や、身体にやさしいもの、旬の食べ物などを選びましょう。

自分を癒してくれる「やさしいもの」を自ら選んで、取り入れるという過程は、実はとても大切なことなのです。

なんだか心が疲れてしまったな…と感じた時には、試してみてくださいね。

また、子供はメンタルの不調を言葉にすることが難しいと言われています。「なんかいつもと違うな」と感じた時には、少し気をつけて様子を見てあげましょう。

最後に、
日常生活を送るのがつらく、困難な場合は、無理をせずに専門機関に相談することも考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る