夏の風物詩「さっぽろビアガーデン」開催に向け検討へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

札幌の夏の風物詩、「さっぽろ大通ビアガーデン」。
先日、今年は新型コロナウイルスの影響で
中止が発表されていましたが・・・

規模を大幅に縮小して今月末から
開催を検討されることになりました!

 

例年のさっぽろ大通ビアガーデンとは

座席数は13000席で、規模は全国最大。
毎年7月下旬から8月のお盆まで開催されており、
去年は7月19日から8月14日でした。
会場は大通公園5丁目~8丁目、10丁目、
11丁目の6会場を使用し、日本国内メーカーの
ビールはもちろん、世界のビールも楽しむことができます。

▼会場はコチラ▼

5丁目会場

プレミアムモルツが好きな人がここで決まり。
5丁目会場は「サントリー・ザ・プレミアムモルツ ガーデン」です。
ビール以外にも、サントリーのカクテルやハイボールなんかも
楽しめます。

6丁目会場

スーパードライが好きな方はこちらへ。
6丁目会場は「ASAHI SUPER DAY BEER PARK」です。
ビール以外にも、アサヒのハイボールやカクテルはもちろん、
ワインも楽しめます。

7丁目会場

背の高いタワーピッチャーが名物である
7丁目会場の「キリン 一番搾り ビアガーデン」。
ビール以外にも、キリンのハイボールやカクテルなど
楽しめます。

8丁目会場

サッポロビールファンはぜひ8丁目会場へ。
「THE サッポロビアガーデン」です。
クラシック、黒ラベル、エビスプレミアムブラックなど
様々種類のサッポロビールが楽しめます。

10丁目会場

世界各国の様々なビールを楽しめるのが
10丁目の会場「世界のビール広場」です。
2019年には、STVラジオとコラボして
いろんな料理を出していました。

11丁目会場

11丁目は「札幌ドイツ村」。
札幌の姉妹都市であるドイツのミュンヘンで
行われている世界最大のビール祭り
「オクトーバーフェスト」の公式ブリュワリーの
樽生ビールをここで味わうことができます。
また、料理もソーセージなど、
ドイツ本場のものが楽しめます。

今年は7月末から開催を検討中

札幌市などによると、例年のビアガーデンの
開始と同じ金曜日にあたる、
7月31日からのおよそ2週間で検討。
これまで使用していた大通公園5丁目~8丁目、10丁目、
11丁目の6会場をそのまま使うのではなく、
今年は大通公園の1丁目分のみの使用。
席数を減らし、お客さん同士の距離をとるようにするとのこと。
ビールは例年出店する大手4社(サントリー・アサヒ・
キリン・サッポロビール)と、世界のビールも飲めるよう
検討中です。
札幌市は今、大手ビール会社に供給できるか聞き取り中で、
早くて来週には詳細を発表する予定です。

 

この状況の中開催を検討しているのですから、
苦情もおそらく来るでしょう。
感染対策は万全にするでしょうし、
後は自分の判断にはなりますが…。
もし開催されるとなったら、行かれる方も
マスク着用、消毒、何より少しでも
体調が悪ければ行かないなど、
対策はしっかり行なっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る