空いている飲食店がすぐに見つかる!リアルタイム混雑情報サービス「VACAN」が北海道でも登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お店のリアルタイムな空き・混雑がマップ上でわかる
Webサービス『VACAN』
東京都千代田区に本社を構える株式会社バカン(以下「バカン」)が
配信しており、これまで九州・関東・関西のみでしたが、
6月30日より北海道エリアで一般公開を開始しています!

▼公式サイト▼
https://vacan.com/

VACANは現在地近くのお店の空き情報が
リアルタイムでわかり、マップ上にも表示。
「空き」「混雑」など書かれたピンを
タップするとお店の詳細情報が表示され、
住所や電話番号などが確認できます。
また、予約機能もついており、
10分間席を確保することができます。

空き情報の配信カラクリ

空き情報の発信は、店員さんがボタン型デバイスを操作したり、
店内に設置したカメラのデータから
店内状況を自動判定したりなど、
店舗に合わせた方法で発信をしています。

独自で開発したIoTデバイスを設置して
リアルタイムで計測することにより、
他の似たようなサービスによくある
データの反映までのラグや、過去データからの
推計で表示してしまう
などの点を解消しています。

ホテルや旅館の混雑情報も配信

バカンは、6月19日にはホテル・旅館向けに館内施設の
混雑情報をリアルタイムで配信するサービス
「VACAN for Hotel」も始めています。

このサービスは、ホテルや旅館の中の大浴場や
食事会場(レストラン)などの混雑情報を
宿泊客にリアルタイムで伝えるというもの。
館内施設の入口にセンサーを設置することで、
混雑情報を取得。
宿泊客がその情報をホテル・旅館専用の
スマホ用ページで確認することができます。
また、新型コロナウイルスの感染防止に役立てられるよう、
館内に設置したデジタルサイネージにも表示するなど、
さまざまな配信方法に取り組んでいます。

VACANの利用法

VACANはスマホの利用を推奨。
アプリのダウンロード不要で、
HPにアクセスすることで
使うことができます。
会員登録を行うと、10分間席を確保できる
直前予約が可能ですが、空き情報は
会員登録なしでも確認することができます。

現在、VACANを取り入れているのは
上記のホテルや旅館、飲食店の他、
商業施設、スーパーやドラッグストアなどです。
札幌はまだまだ参加企業が少ないですが、
今後徐々にでも増えていくことでしょう。

VACANを使えば、お店の空き具合を事前に確認できるため、
並ぶ時間も短縮でき、人との間隔を気にしたりすることなく、
安心して利用することが可能になりますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る