【砂川】こどもの国の有料ゾーン「ふしぎの森」には何があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

砂川ハイウェイオアシスの奥にある、北海道こどもの国をご存じですか?

北海道こどもの国は、232.5ヘクタールという広大な敷地に、たくさんの遊具や、キャンプ場を備えた道立都市公園です。

これがまぁ、とにかく広い!

長距離ドライブに疲れたら、ゆっくりお散歩しながら鑑賞池の蓮の花に癒され、鯉に餌やり(100円)をするのがおすすめ。

そんな北海道こどもの国は、他にも展望広場・ヤッホーの森・水遊びスペースなど、無料でも十分楽しめるのですが、さらに「ふしぎの森」という有料ゾーンまであるんです。

今回はその有料ゾーンには何があるのか、探ってみたいと思います!

 

ふしぎの森の入場料と営業時間

ハイウェイオアシスの駐車場からも見える、白いピラミッド。

そこが「ふしぎの森」への入り口です!

入場料
【4月25日から9月30日まで】
高校生以上:500円/中学生以下:無料
【10月1日から11月8日まで】
高校生以上一人一回:300円/中学生以下:無料

営業時間
【4月25日から9月30日まで】
9:30~17:00
【10月1日から11月8日まで】
10:00~16:00

 

ふしぎの森の遊具を紹介!

有料ゾーンは世界の七不思議を表現した遊具などがいっぱい!

現在「ストーンヘンジ」と「ファロス」は施設のコンディション不良のため使用できませんので、それ以外の遊具を紹介していきましょう。

 

ピラミッド

ピラミッドの中は滑り台やトランポリン、ブランコなどがある室内遊技場になっています。

雨の日でものびのび遊べますね!

中でも目を引くのは5階から2階までの滑り台「ドームスライダー」や、5階から3階まですべる「ラセンスベリ台」

(この写真を撮影した7月11日の時点では、ドームスライダーの利用ができませんでしたが、ラセンスベリ台の使用は可能です。)

 

万里の長城のトロッコ

ふしぎの森の中には万里の長城を再現した道がつづいています。

その途中にあるトロッコは子供に大人気。

ロープを手で引っ張って動かすトロッコは、意外と力が必要なのでパパが大活躍!

 

ザウルスウェーブクライム

真っ赤な恐竜が目をひく遊具に、男の子は大喜び!

ネットの遊具やクライミングウォールなど、体全体を使って遊べる遊具がいっぱい。

 

カタコンベ

ローマの地下墓所を再現した遊具で、地下が土管の迷路のようになっています。

この遊具が地下墓所をイメージしただなんていったら、小さい子は怖くて遊べなくなっちゃうかもしれませんね(笑)

 

ピサの斜塔

あの有名なピサの斜塔が砂川に!!

インスタ映えすること間違いなしですね。

しかしこちらも、コロナの影響で密を避けるために中に入ることができなくなっていました。

 

森の宮殿(ミノス宮殿)

トド松林の中にひっそりと、木製のアスレチック遊具があります。

ギリシャ神話に登場する神々の像が各ポイントにあるのですが、それがまたいい具合に古めかしくて、ちょっと怖いです(笑)

 

森の迷宮

森の宮殿の隣には、新しいアスレチック遊具がならぶ森の迷宮が。

スタートから順番にはじめていって、最後は鐘を鳴らしてゴールです。

ふわふわドーム

こちらも子供に大人気ですよね。

ぽよんぽよん跳ねて遊ぶこの遊具、見ている方もなかなか愉快です。

これは見かけによらずハードな全身運動なので、元気のあり余った子供たちにぴったり。

時間が無くて写真が撮れませんでしたが、パークゴルフ場もあって、無料でゴルフセットも貸出してくれるようですよ!(10セットしかないので交代で使いましょう)

有料スペースには、ふわふわドームやトロッコ、長い滑り台など、子供の好きそうな遊具がたくさんありましたね!

これからの連休や夏休み、行先に困ったら子供を連れて遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る