中断後4戦負けなしのコンサドーレ!! ここまでの戦いをプレイバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リーグ戦再開後から4戦負けなしと、好調を維持しているコンサドーレ札幌。開幕戦こそ落としたものの、その強さは昨シーズンの躍進がまぐれでないことを証明しています!

そこで、今回はそんなコンサドーレのここまでの戦い(第2~4節)を振り返ってみましょう。

 

【第2節 vs 横浜FC(アウェー)】

試合日:2020年7月4日(土)

結果:◯コンサドーレ札幌 2-1 横浜FC●

得点者:鈴木武蔵×2

 

リーグ中断開け最初の試合。中断期間のトレーニングの成果を確認する意味でも重要な試合となったこの一戦は、開始3分にエースストライカー鈴木武蔵のゴールで幕が上がった。

 

 

その後16分に、育成に定評のあるガンバ大阪ユース出身のFW一美和成にゴールを決められ、試合は振り出しに戻るが、53分に鈴木武蔵がこの日2点目となるゴールを決めて、再びリードを奪う。

 

 

そのまま試合は進み、選手交代の枠もフルに使い切って、コンサドーレが勝利。リーグ戦今シーズン初勝利を掴み取った。

 

【第3節 vs 鹿島アントラーズ(アウェー)】

試合日:2020年7月8日(水)

結果:◯コンサドーレ札幌 2-0 鹿島アントラーズ●

得点者:鈴木武蔵、ルーカス

 

前節のヒーローがこの日も魅せる。

 

7分、味方からのロングフィードに抜け出した鈴木武蔵がキーパーの頭上を越えるフワリとしたボールを蹴ると、ボールはネットに吸い込まれ、コンサドーレが前節に続き貴重な先制点をあげる。

 

 

その後は、チームでイエローカードを5枚もらうほど熱い守備を見せ、アントラーズの攻撃をシャットアウト。そして終了間際に、途中出場のルーカスがダメ押しの追加点を決め、完璧な勝利でリーグ戦2連勝を飾った。

 

 

なお。この勝利は、コンサドーレがアントラーズに対して19年ぶりにあげた勝利となった。

 

【第4節 vs 湘南ベルマーレ(アウェー)】

試合日:2020年7月12日(日)

結果:△コンサドーレ札幌 0-0 湘南ベルマーレ△

得点者:なし

 

アウェーでの連戦による疲れか、コンサドーレはこの日はなかなかチャンスを作ることができなかった。むしろ、ベルマーレに危ない場面を何度も作られてしまう。

 

しかし、この日はGKの菅野が大活躍。54分にはペナルティーエリアの少し外から放たれたミドルシュートを横っ飛びでセーブし、コンサドーレのピンチを救った。

 

 

結局、スコアはそのまま動かず、試合は0-0のスコアレスドロー。3連勝とはいかなかったが、貴重な勝ち点1を手にした。

 

【第5節 vs ベガルタ仙台(アウェー)】

試合日:2020年7月18日(土)

結果:△コンサドーレ札幌 2-2 ベガルタ仙台△

得点者:チャナティップ、田中駿汰

 

前節から中5日と休養期間もしっかりあった今節だが、コンサドーレは23分ベガルタの高速カウンターを浴び、先制点を許してしまう。

 

追い付きたいコンサドーレだが、ゴールまではなかなか結びつかない。すると、60分にベガルタがダメ押しとなる追加点をあげる。

 

重い空気が漂い始めたが、その2分後に右サイドのルーカスからのクロスをチャナティップがヘディングでゴールに押し込み、反撃の狼煙を上げる。

 

 

そして、アディショナルタイムに突入した92分。コーナーキックからのこぼれ球が田中の脚に当たりゴールイン。プロ1年目のルーキーが、チームを救う同点弾を決め、勝ち点1をもぎ取った。

 

 

貴重な同点ゴールを決めた田中駿汰選手についてはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る