札幌の施設が無料!?「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月1日(土)から8月31日(月)までの間、
札幌では、新型コロナウイルスの影響で落ち込んでしまった
北海道の観光需要を高め、様々な施設へ来てもらうため、
札幌市の観光地や文化施設など10カ所を
無料で利用できるキャンペーン
「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」を
始めます!

「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」とは?

このキャンペーンは、札幌が独自で実施するもので、
札幌の様々な施設の入場料が無料となります。
札幌市民や北海道民はもちろん、施設を利用する
すべての人が対象です!
とはいえ、とても気前のいいキャンペーンであるものの、
密になることが心配されますよね。
期間は一か月なので、人が多いときは
別の日にするか時間をずらすかした方がいいかもです。

対象施設は?

「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」の
対象施設は下記の通りです。

●札幌市時計台(観覧料:通常200円⇒無料)

言わずと知れた、札幌のシンボル。
国の重要文化財に指定されている日本最古の時計塔です。
ぜひ館内に入って、時計台の知られざる歴史を学んでみませんか?

・住所/札幌市中央区北1条西2丁目
・問い合わせ/011-231-0838
・公式サイト/http://sapporoshi-tokeidai.jp/

●豊平館(観覧料:300円⇒無料)

明治政府機関が建てた唯一のホテル。
現在は、札幌の歴史を楽しめる交流施設となっています。
高貴な色合いの建物は写真スポットとしても人気です。

・住所:札幌市中央区中島公園1番20号
・問い合わせ:011-211-1951
・公式サイト:https://www.s-hoheikan.jp/

●本郷新記念札幌彫刻美術館(観覧料:200円⇒無料)※特別展は有料

日本を代表する彫刻家・本郷新の作品が飾られています。
心揺さぶられる、アツいエネルギーを感じに来ませんか?

・住所/札幌市中央区宮の森4条12丁目
・問い合わせ/011-642-5709
・公式サイト/http://www.hongoshin-smos.jp

●大倉山展望台リフト・札幌オリンピックミュージアム

(入場料:600円⇒無料、リフト利用料:1,000円⇒無料)

標高307mにある展望台ラウンジから
札幌を一望することができます。
ミュージアムではジャンプ競技の疑似体験も
できますよ!

・住所/札幌市中央区宮の森1274番地
・問い合わせ/011-641-8585
・公式サイト/https://okurayama-jump.jp/

●札幌もいわ山ロープウェイ

(藻岩山観光自動車道乗車料:1,200円⇒無料)
(ロープウェイ+モーリスカー乗車料:1,800円⇒無料)

日本新三大夜景都市の輝きを楽しめるのが
藻岩山ならでは。
大パノラマで眺める夜景は息をのむ美しさです。
山頂にはフレンチレストランもあるので、
夜景を眺めながらお食事も楽しめますよ。

・住所/札幌市中央区伏見5丁目3番7号
・問い合わせ/011-561-8177
・公式サイト/https://mt-moiwa.jp/

●さっぽろテレビ塔(展望台入場料:800円⇒無料)

札幌のランドマークであるテレビ塔の展望台。
天気がよければ、日本海まで見渡すことができます!

・住所/札幌市中央区大通西1丁目
・問い合わせ/011-241-1131
・公式サイト/http://www.tv-tower.co.jp/

●札幌ドーム展望台(展望台入場料:520円⇒無料)

数々のアーティストがライブを行っている
日本最北の全天候型ドーム。
展望台からは、市街地や手稲山、夕張岳を
眺めることができます。
おすすめ絶景は、そこから見える夕日に染まった美しい街並み!

・住所/札幌市豊平区羊ケ丘1番地
・問い合わせ/011-850-1000
・公式サイト/https://www.sapporo-dome.co.jp/

●さっぽろ羊ヶ丘展望台(入場料:530円⇒無料)

「少年よ大志を抱け」でおなじみ、あのクラーク博士の
銅像があるさっぽろ羊ヶ丘展望台。
他にも広大な自然、羊たち、札幌ドームが一度に眺められます。

・住所/札幌市豊平区羊ケ丘1番地
・問い合わせ/011-851-3080
・公式サイト/https://www.hitsujigaoka.jp/

●札幌芸術の森野外美術館(入場料:700円⇒無料)※駐車場は有料

数々のアート作品が点在しており、
写真スポットとしても人気です。
7.5haもの広大な森と芸術を感じに行きましょう。

・住所/札幌市南区芸術の森2丁目75番地
・問い合わせ/011-592-5111
・公式サイト/https://artpark.or.jp/

 

道民だけではなく、他の人たちも
利用できるというのは嬉しいところですよね。
体調をしっかり見て、密になりそうな時間帯などは避けて、
できる範囲で楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る