北海道のラーメン事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

北海道のおいしい食べ物の一つにラーメンが思い浮かばれると思います。

本州の人に「北海道のラーメンって言ったら?」と質問すると

「あれっすよねー。こってり濃厚味噌の味濃いめ油濃いめのやつっすよねー」

後半は、山〇家のラーメンが入っているのでちょっと違いますが、まぁそんなのとこです。

でもそれって、札幌ラーメンなんですよね。北海道のラーメンはまだまだ先があるんですよ。

 

北海道のラーメン。お勧めは3地区3種

他にもあってその地方の方からお叱りを受けるかもしれませんが、人気どころは3地区

・札幌ラーメン  こってり味噌

・函館ラーメン  あじわい塩

・旭川ラーメン  濃厚醤油

ってな感じです。

まずは札幌ラーメン。いわずと知れた純連・すみれ系と呼ばれる濃厚味噌に油が層になってスープを覆うアレ。

初めて食べる人は、おなかを壊すこともあるほどの濃厚さは、お店によってしょうがのアクセントを利かせます。

そして函館ラーメン。昔は「支那そば」の愛称で知られており、函館塩ラーメンの名前がついたのは、札幌ラーメンの後。

むしろ、追随するように名づけとといっていいかも。最初の店は、いろいろな説があるものの地元の昆布や海鮮を完璧に引き出すために塩味にしたという説が一般的。その節の通り、塩なのにあっさりしておらずガツンと来る風味と味わい深さが人気。

最後に旭川ラーメン。濃厚醤油と紹介したが、しょうゆが多いというだけであって旭川ラーメン=醤油ラーメンではない。

土地柄、海とは無縁なことと養豚が盛んだったことからとんこつベースになるが、旭川らしいアクセントにするため野菜・鶏ガラ・魚介系のミックススープにすることが多い。それより特徴的なのがラード

冬には極寒になることも多い旭川でスープが冷めないように油の膜を引いたのがその所以とされているが、高カロリー希望にはたまらないアクセント。

 

どれがおいしい?どれがおすすめ?

どれもおいしいってのが正解。その土地土地で親しまれるように工夫された味は、その土地だからこそおいしく感動できる。

しかし、札幌・函館・旭川に住んだことある人にどれが一番好きかを聞いてみると、全員が旭川ラーメンと答える。

(別に統計を取ったわけでもなく、サンプル数も少ないので私の個人的な見解からです)

確かに老舗がいつまでもおいしいのと醤油にこだわってなく、店主が平気で「うちの一番人気は味噌っすね」と答えてくれるあたりは柔軟性を感じます。そういった自由で切磋琢磨感は、底上げにつながっているのかもねって思います。

 

番外編 その他のラーメン

まぁいろいろありますけど、おいしいのを望むなら上記の三つだと私は思います。

ちなみに釧路ラーメンなんて言うのもあって、なぜか十勝エリアも似たようなラーメンになっています。

味は正直に言えなくて、食べてのお楽しみ。おそらくリピートはないと思うのでせっかくの一食を覚悟してご堪能ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る