日本最北端の地 訂正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本最北端の地といえば、稚内市にある宗谷岬と答える人が多いでしょう。

稚内市でも有名な観光地で北海道一周旅行なんかを楽しむライダーでにぎわいを見せています。

迎えにあるコンビニは「日本最北端のコンビニ」なんてレシートに書かれちゃったりしてそう思っている人も多いでしょう。

 

しかし本当は違うのです。日本最北端の地はスコトン岬なのです

それはどこかというと、稚内市より北、礼文島の岬です。ここにはなんと民宿があり、宿泊することができます。断崖に建てられた風の強いところなのですが大人気で常に予約待ちらしいです。

 

お隣の島、利尻島はもう少し有名でご存じの方も多いでしょう。利尻島といえば、360度パトラマが楽しめる利尻富士の登山とか、利尻昆布・利尻ウニが有名で夏の観光地として人気です。利尻昆布で作ったとろろ昆布をあしらったラーメンを出す店があり、絶品です。ウニは高すぎてという方はこちらをどうぞ。

利尻島に行く方法は2つ。札幌から飛行機で行くのがとても便利。でも料金が高い。なのでもう一つの方法がフェリーです。稚内港から出ており2時間半の航海で到着。上陸後は観光ムードに包まれ避暑地として行くり過ごせる上に札幌でも食べられないおいしいものが満載です。

 

一方お隣の今回紹介する礼文島は、観光地にはちょっと及ばない漁師町

行き方は2つありますが、利尻島とは違いフェリー一択です。稚内市から出るフェリーに乗るか、利尻島から出るフェリーに乗るかのどちらか。夏場は3往復するが、春・秋・冬は朝と夕方の2往復のみ。それも2時間半かかり、かなりの確率で船酔いします。慣れていなければ立ち上がれず、トイレにも行けなくなります。それほどの過酷を経て到着しても全くの普通。まるで通勤の列車を降りた時と同じ感覚。しかも着いたら最低夕方までは帰れない。なんかすんごい過酷を感じます。

そんな漁師町を抜けて北に進むとありました。日本最北端の看板です(写真はそれです)。

それまでの反動があるせいかなかなかの感動です。岬といっても切り立った崖ではないのでぎりぎりまで降りることができ、海に足を入れることもできます。日本最北端の海を触るなかなかできることではないと思います。タイミングがいいと朝方に民宿からアザラシを見ることもできるらしく、天然のアザラシは意外と獰猛な顔つきをしているらしいです。

せっかく行ったんだから予約しておけばよかったなと思いながらも2度は行こうと思わないそんな名所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る