• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさんは、「Food Rescue Hero」の取り組みをご存じでしょうか。

https://foodrescuehero.jp/

「Food Rescue Hero」は、イベントの中止や飲食店の営業停止により、廃棄の危機にある美味しい食材を助け出し、お届けし、フードロスをなくすプロジェクトです。

 

サイトを立ち上げたのは、アノ人たちだ!

実はこのサイトを立ち上げたのは、北海道コンサドーレ札幌の荒野拓馬選手。同じく北海道コンサドーレ札幌の鈴木武蔵選手、菅野孝憲選手、石川直樹選手がサポーターです。

サポーターの3名は、普段は多くのファンに支えられている選手で、レスキューをする購入者(Hero)のサポーターとなり、率先して問題の解決を図るそうです。

ネット通販だからこその工夫があります!

実際にサイトを見てみると、商品の詳細には、サポーターの選手からのメッセージと、生産者・販売者からのメッセージが添えられています。普段、選手の背番号や顔写真の入ったグッズを買うことはあると思うのですが、選手がPRするグッズ以外の商品を購入する機会はないですよね。

そして生産者・販売者等からの丁寧なメッセージを読むと、対面販売ではないにも関わらず、対面で購入するような安心感があります。

まだまだあるある!レスキューの魅力!

また本当に美味しいものが、レスキュー価格(通常価格より安い価格)で購入できるところも、魅力的です。販売機会に恵まれなかっただけで、味には全く問題はありません。いつもは購入しないものに挑戦するもの良いかもしれません。

購入者には「You are a HERO(あなたはヒーローだ)」というメッセージが送られます。

SNSには「購入しました!」「こんな機会じゃなかったら絶対口にすることがなかったと思う!」「美味しかった!」という声がたくさん寄せられています。

 

この取組みのすごいところは、北海道コンサドーレ札幌の選手が、個人で、自主的に活動を行っているというところにあると思います。選手の皆さんも、試合ができず、自粛が続く中、今自分にできることは何かを考え、行動するということは、なかなかできないと思います。

そもそもコンサドーレに詳しくない・・・そんな方へ!

ちなみにコールリーダーの荒野選手は、北海道出身の道産子選手。コンサドーレ札幌のアカデミー(下部組織)から北海道コンサドーレ札幌に加入したMFです。高校2年生でリーグ戦にデビューし、コンサドーレ札幌での最年少出場記録(17歳187日)を持っています。

彼のサッカー選手としての魅力は、強気で気迫あふれるプレー。誰よりもフィールドを駆け回る強靭な体力も素晴らしいです。

Jリーグが開幕した際には、荒野選手のプレーにも注目です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る